Web3.0

【最新版】コインチェックとビットフライヤー徹底比較!【手数料・取り扱い銘柄他】

この記事でわかること

・コインチェックとビットフライヤーそれぞれの各種手数料
・コインチェックとビットフライヤーそれぞれの取り扱い銘柄
・他特徴を比較した上での選び方

さじのき

✅こんなひとが解説します

・仮想通貨取引高400万円超
・仮想通貨収益2か月で80万円達成
・仮想通貨運用歴2017年~

日常的に仮想通貨取引を行っている筆者が解説します。もちろん今までノートラブルです。

仮想通貨需要の増加に伴って国内取引所の口座開設を検討する方が増えてきました。

筆者の身の周りではコインチェックビットフライヤーの2社で迷うことが多いようなので今回はこの2社それぞれの特徴を比較していきます。

2社とも国による厳しい認可基準の基、設立・運営されており、日本を代表する取引所で、多くのユーザーに人気があります。

今回は気になる手数料や取り扱い銘柄などはもちろん双方の特徴にも触れつつ、選び方の結論についてもまとめていきます。

コインチェック、ビットフライヤー共に多くのユーザーが使用している仮想通貨取引所です。どちらも万全のサポート体制とセキリュティの安全性に定評があります。

さじのき

2社とも無料で口座開設できるので、まずは、リスクの少ないおこづかいから取引を始めてみましょう。

コインチェック

>>コインチェックで口座開設する(オススメ)
>>ビットフライヤーで口座開設する

コインチェック&ビットフライヤー特徴の比較

早見表として特徴を比較すると以下のとおりです。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

どちらも、国内大手ということもあり人気度・安全性に長けています。

手数料

コインチェックは取引手数料が無料です。

ビットフライヤーは0.01~0.15%の手数料が発生する仕組みです。

さじのき

ビットフライヤーは0.01~0.15%の手数料が発生しますが、最大でも0.15%なので約定金額にもよりますが数万円規模での取引なら微々たる金額です。

最低注文数量

コインチェックは500円からビットコインの投資を始められます。

ビットフライヤーは0.001BTCからになります。(チャートにもよりますが(1BTC=300万円とすると)3000円ほどでしょうか。)

最低金額ではコインチェックのほうが少ない金額から始められそうです。

レバレッジ手数料

レバレッジ取引とは、預けたお金を担保に「預けた金額以上の取引」を可能にする取引方法です。コインチェックはレバレッジ取引に対応してないですがビットフライヤーは2倍まで可能です。

さじのき

初心者の内はあまり馴染みのない取引かもですが。一応ビットフライヤーならこのレバレッジ取引が可能です。

関連サービス

それぞれの特典のようなものでコインチェックは電気代やガス代を支払えたり、ビットフライヤーはTポイントに還元したり、ビットコインに替えることができるキャンペーンになります。

取り扱い銘柄の比較

取り扱っている仮想通貨の比較です。

ビットフライヤーは取り扱っているコインがビットコイン(BTC)のみになります。

ビットコイン以外の通貨他4種を取引したいかたはコインチェックを選ぶのがオススメです。

他、販売所経由でコインを買いたい場合、取り扱っている通貨をみて2社のどちらかを決めるのがいいでしょう。

販売所と取引所には以下の違いがあります

販売所と取引所の違い

取引所:買い手と売り手が暗号資産を取引します。(取引所が仲介)
・販売所:業者が直接ユーザーに暗号資産を販売します。(販売所が価格を決める)

他にもスプレッドが販売所のほうが取引所よりも高くなる特徴があります。ほとんどの場合スプレッドを抑えられる傾向取引所に軍配が上がります。販売所は、ユーザーと運営会社の間で取引を行うので、取引所に比べて2者間のスプレッドが高くなりがちです。

さじのき

よく投資家がされている「チャートをみて売買する(指値・成行含む)方式」が取引所です。またスプレッドを安くする理由でも筆者は基本的に取引所を使っています。

手数料の比較

前述したとおりコインチェックの取引所手数料は無料ですが、ビットフライヤーでは約定数量約定数量 × 0.01 ~ 0.15%が発生します。(別途スプレッドあり)

またビットコインを日本円に換金し出金する(利益確定時など)出金手数料に関しては少額(3万円未満)でこまめに出金する方はビットフライヤーのほうが220円と安く抑えられます。

さじのき

3万円以上でも出金手数料はわずか(407円と440円の差)ですのでこのあたりは個人の投資スタイルに合わせて選べばいいかと思います。

選び方

おすすめは資金を分散保有する意味でも両方の取引所を開設するのがよさそうです。

ただ、どうしても1社にする場合はこれまでの上記の特徴を比較して自分に合ったほうを決めるのがいいと思います。

コインチェックがオススメな人

✅価格変動の大きい草コインを取引したい
✅こまめに少額で円を引き出すことはなさそう
✅取引所を使っててわからないことはみんなに訊きたい

上記のような場合はコインチェックがオススメです

草コインって?

噛み砕いて言うと取引するユーザーが少ないため、ボラティリティが高くリスクの高い仮想通貨です。時価総額が小さい通貨を草コインと呼びます。

ビットフライヤーがオススメな人

✅レバレッジをかけた仮想通貨取引がしたい
✅こまめに円を出金するかもしれない
✅ビットコインしか取引しない

上記のような場合はビットフライヤーがオススメです

さじのき

それぞれメリットがあります。国内利用者No1ということもあり、使用面でわからないことを聞きたい場合はコインチェックが良さそうです。逆にこまめに円で利益確定したり、レバレッジ取引などにも挑戦したい方はビットフライヤーがオススメでしょう。

まとめ

2社とも国内を代表する取引所です。

どちらもセキリュティやサポート体制に万全を喫しており、ユーザー数も多く人気の取引所なので安心して始められます。

まずは口座開設してはじめてみましょう。口座開設費用は無料なのはもちろん、他口座にかかる維持費も一切かからないので使ってみて使いやすいほうを使うのもよさそうです。

さじのき

筆者はどちらも開設しています。資産を分散保有する意味でも2社とも資金を入れています。
腕組みして悩んでるより行動したほうが有意義です。手続きも10分くらいでできますのでこの記事を閉じる前にサクッと済ませてしまいましょう!

>>コインチェックで口座開設する(オススメ♪)
>>ビットフライヤーで口座開設する